JPG ハンドワウンド ピックアップ

’59 F.A.P

’59 F.A.P

*表示価格はオープンセットの物ですが、別のオプション(カバーや木製ボビントップ等)をお求めの方はコチラ(japansales.jpg@gmail.com)までお問い合わせください。営業時間内でしたら数時間以内に必ず返答致します。

Output - 4/10
Magnets - Alnico IV
DC resistance - N-7.4k / B 8.3k

’59 F.A.Pピックアップは言わずともしれた「最も使えるハムバッカー」’59期P.A.F.を元にしたオールラウンドなヴィンテージハムバッカーです。レスポールの黄金期、「あのサウンド」を求めるなら正にこの’59 F.A.Pが最適です。レスポンス、ダイナミックレンジ、ハーモニクス、どれをとっても本家’59に匹敵します。
*50年代後期のP.A.F.のスペックは一環しておらず、この時期のP.A.F.には知られているだけでもAlnico2~Alinico5の様々な磁石が採用されていたのが確認されています。JPGではP.A.F.愛好家の間で最も「良い」とされる物の中から選りすぐりのスペックを元にして再現致しました。’57と’59の最大の違いは、ワイヤーの巻き数でしょう。’57の場合は、当時はセミアコタイプのギターに載せる事も前提にしたサウンドであり、ワイヤーの巻き数も控えめです。しかし’59は分厚いメイプルトップが貼られたがっしりとしたレスポールのようなギターに載せる事を前提として作られていますので、’57に比べ、出力も少し上がり、低域のレスポンスも良くなっています。
勿論、本家’59と同様にアンポッテッド(ロウ漬けされてない)仕様で、限りなく広いダイナミックレンジとハーモニックスを実現しています(中~高ゲインで使用される方の場合ですとポッティングする事を推奨します)。

’59 F.A.P.は二通りの製作法がありまして、
まず①スタンダードタイプはアメリカ製のニッケルベースプレートとカバー、ボビンはプラスチック、49.2mm(ネック側)/50mm若しくは53mm(ブリッジ)。ワイヤーは42AWG プレーンエナメルワイヤー、Alnico4マグネットという仕様です。
そして②スーパービンテージタイプ。こちらはヴィンテージスペックのピックアップに強い拘りを持った方に特化した、限りなくオリジナル’59P.A.F.に近いスペックのピックアップです。
このオプションに使われるベースプレートはオリジナル’59のベースプレート、ボビンをレーザースキャナーにてデータを取り、それを元に一寸の狂いもないそのままの形状で生産されている物を採用します。ボビンの材質は一般的なプラスチックではなく、ビュートレート(酪酸)で出来ている完全なヴィンテージスペックで、そこに挿入されるポールピースの形状まで本家同様。キーパーバー(ポールピースが嵌る金属製のバー)も’59専用の寸法/形状となってます。
本家との違いはベースプレートに「JPG」の刻印があるという点のみ。

スタンダードカバードセット -­ 34,500円
スタンダードカバード単品­ - 18,250円
スーパービンテージセット - 40,000円
スーパービンテージ単品 - 21,000円
オープンセット - 30,000円
オープン単品 - 16,000円

*上記は税込価格です

*7弦用は1ピックアップに付き+1,500円、セットは+3,000円

木製ボビントップオプションは1ピックアップに付き +3,000円
その他カスタムフィニッシュ、エッチング仕様に関してはお問い合わせください
japansales.jpg@gmail.com

¥ 30,000